トマトの壺-パート2 - ベランダ菜園を始めよう!





  • ・ビットコイン取引所ランキング






  • トマトバジルパスタのレシピ - 最もシンプルな作り方

    トマトバジルパスタのレシピ - 最もシンプルな作り方





    トマトとツナがいっぱいのバジルパスタの作り方


    材料 ・・・ トマト缶(ホールトマト)1缶、乾燥パスタ(細麺)200g程度(二人分)、生ミニトマト200g程度、ツナ缶2缶、乾燥バジル適量、生バジル少量、オリーブオイル大さじ2、コンソメの素2個、塩(海水塩)適量



    はじめに材料を並べておきます。
    パスタのゆで汁に塩を入れます。できれば海水塩がいいです。
    トマト缶です。ホールトマトの缶詰です。
    全て鍋に入れます。
    空き缶に1杯分の水を入れます。
     
    採れたミニトマトを入れて、具にします。
    輪切りにすると、すぐに火が通り食べやすくなります。

    丸ごと入れると、熱くなったものを食べた時に、口の中で熱い汁が飛び散り大変です。
    かなり多いですが、これくらい食べれてしまいます。
    トマト缶を煮詰めていきます。
    ツナ缶を用意します。
    コンソメスープの素を用意します。
    乾燥バジルの粉です。
    生バジルの葉です。
    煮立ってきました。
    最初にツナを入れます。
     
    コンソメを入れて味のベースにします。
    オリーブオイルを入れて風味漬けします。
    どんどん煮詰めていきます。
    ツナが固まりとして見えてきました。
    汁は斜めに傾けると、見えてきます。これがほとんどなくなるまで煮詰め舞うs。
    最後にミニトマトを入れます。
     
    食感を残すためには、あまり煮詰めないほうがいいです。
    すぐに火を止めます。
    同時並行で、パスタを茹でるお湯はぐつぐつと大量に沸騰させます。
     
    さっと入れます。
    すぐにほぐしていきます。
    このままだと固まってくっついてしまうので、少しかき混ぜます。
    味を見て、塩を入れて調節します。

    パスタのソースだと思って調節してください。
    ねっとりした感じの濃さにします。
    香りが飛びやすいバジルは最後に入れます。
     
    パスタをもり、ソースをかけ、生バジルを載せます。

    生バジルは熱くなると黒くなって変色しますので、注意します。