トマトの壺-パート2 - ベランダ菜園を始めよう!





  • ・ビットコイン取引所ランキング






  • トマトの壺 - パート2




    トマトという野菜は、間違いなく1番人気の野菜です。

    買って、そのままおやつのように食べてもいいですし、料理に使ってもとても良い味を出します。

    つまり、どういう風にしてもおいしいということが言えます。また、その赤と緑のコントラストできれいな丸い形のつやつやとした見た目が、インパクトがあり、人の興味を引きつけてやみません。

    必ずお店に売っています。トマトを置いていないスーパーなどはないでしょう。

    また、そのようなトマトも自分で作ってできたものを食べることができます。自分で育てたトマトを食べると大変おいしいものがあります。

    それは気分的に自分が作ったという満足感からおいしいのかもしれませんが、本当にとりたて後、数時間は新鮮な香りが残っているので、とても美味しく感じられます。

    このように見た目だけでなく本当に美味しいという理由からも、人気が高い野菜ということが納得できます。

    そのようなトマトの育て方や、トマトをどういう風に食べたら最大限楽しめるかということを考えてみたいと思います。

    別に修行しろというようなものではありませんが、かなり奥の深い世界が広がっています。


    ピーマン嫌いな子供に無理やりピーマンを食べさせようとしている人を改心させるためには努力を惜しみませんが。。。

    今どき、そんなこと言っている人も相当珍しい、というくらいの感じではあると思いますが。。情報を吸収していれば、そういうことは いけないことだと分かるはずです。

    少なくとも、アレルギーを例にあげると、

    もう、絶対、「好き嫌いはいけない!」とは言ってはいけないことが明白です。

    なぜか、ビニール袋がよく売れているようです。給食を持って帰るのだそうです。

    なんでだかな、、、、、、なんか釈然としないものが、、、、、ほんとうに厄介です。全部、食堂にしたらいいんですが、

    激混沌とする飲食業界の雇用も安定して増えて、いいことづくしだと思うのですが、なぜだか、学校いく資格が必要だったり、公立学校だと、 学生のうちに進路を決めておかないと今更無理ということがあったりします。

    病院のように全部請負業者に任せりゃいいわけですが、、給食ビジネスは、低コストの争いで、安い業者に発注する、発注し変えていくという、そういう 営業が多いようで、とにかく、安くするためならなんでもやるという方針です。

    つまりは、被雇用者の待遇改善に回しているお金の余裕はないわけです。利益をとっていたら、他の業者にとられてしまいます。

    事業自体は簡単に起こせるものです。こんな簡単だから、競争過多になって、異常に安い全国チェーン店型飲食店が世間を圧巻しているわけですが。

    ほんと、どんどんとモラルもなくなってきて、人の行動の質が低下していく、、、そういう時には、「トマト作って考えてみよう!」と思います。